ブリタの浄水器は2Lのペットボトルを購入するよりも色々と楽!!

スポンサーリンク

皆さんブリタの浄水器って知っておりますか?

水道水をブリタの浄水器に入れて塩素などの不純物を除去する品物であり、何が一番便利かっていうとこれを使用するようになればもう重い水を持つ必要がなくなるという事。

また、仮に1つ50円の2Lの水を毎日2つ購入するよりも遥かに経済的なのであります。

今回はそんな魅力的なブリタの浄水器についてお話をしたいと思います。

ブリタの浄水器

オーストラリアにワーキングホリデービザを使い約1年いたのですが、あっちの水って美味しくないのかそれとも水道水が飲めないのかみんなブリタの浄水器を使用していました。

それまでブリタの浄水器の事については知らなかったのですが僕もそれでブリタを使用するようになりました。

今住んでいるシェアハウスのアメリカ・カリフォルニアから来た人もあっちの水は美味しくないからみんなブリタ使っているよ〜って言ってましたが、どうやら世界的に有名のようです。

ブリタの浄水性能

細かい事は書きませんが

・鉛、銅などの金属

・塩素や水の味を損なう他の不純物

などを取り除き味もまろやかになる感じがあります。

僕は東京に住んでおり東京の水道水って思ったほど不味くない為、ブリタを使った場合と使わない場合ってそれほど味は変わらない・分からないかもしれません。

ただなんとなくですが東京の水をそのまま飲む事に抵抗感がある僕はいつもブリタを使っており、味も常温で飲んでみると水道水よりまろやかな味になる印象があります(恐らくですが)。

重い2Lのペットボトルを家まで持ち運びしなくてもよくなる

買い物しているところで重い袋持ってる

天然水を購入されている方であればブリタを使うと買い物してから家まで重いペットボトルを持ち運ぶ必要がなくなります。

これがブリタを使う何よりのメリットかと思います。

2Lの水って本当重くなるんですよね、ましてや他の買い物をしてしまうと余裕で5kgくらいになってしまいますし。

ブリタの浄水器はかなり経済的

ブリタの使用期限

使用するブリタの浄水器のカートリッジ(水を浄水させる為に必要な物)にもよりますが、僕が使っているカートリッジ・MAXTRA+は1日3,5リットルの使用で約8週間使用できます。

ブリタと市販のペットボトルを8週間毎日使用・購入する場合の比較

比較事例

・ブリタを1日3,5リットル浄水させて使用する

・1本50円の2リットルの市販の水を購入する

上記の設定でそれぞれ毎日8週間使ってみます。

ブリタの場合

上記のカートリッジは2020年2月現在2個で1800円。なので1個あたり900円になります。

それが1日3,5リットルの浄水をして8週間使うと1週間当たり約113円であり、1日当たり約16円という事になります。

・・・安!!

2Lのペットボトルの水2本(50円)を8週間毎日購入する場合

50円のペットボトル2本ですから1日100円になります。

それを8週間(56日)続けるとずばり5600円

・・・高!!

というわけでいかにブリタが経済的かお分かりになったかと思います。

2Lのペットボトルの場合はゴミ処理が面倒

ペットボトルの袋

普通ペットボトルを家庭で捨てる時はラベルを剥がして蓋を分別してペットボトルはリサイクルゴミに・・・といった感じで分別する必要があるかと思います。

それがブリタの浄水器を使用すればゴミ処理の手間が省けますのでこちらもブリタを使用するメリットの1つですね。

ブリタの浄水器の種類

ブリタの浄水器にはいくつか種類があります。

僕が以前購入したのはこちら。

こちらは割とコンパクトな大きさで小さめの冷蔵庫でも収納しやすいのではないかと思います。

ただ落としてしまい割れてしまったので全容量2,2L入れる事が出来るタイプを再購入しました。

▼今使用している全体容量が2,2Lのブリタ

ポッド型浄水器

恐らく家電量販店などでよく見かけるのはこちらのタイプ。上記に挙げた製品ですね。

また、持ち運び用のボトル型浄水器もあります。

こちらは今度購入してみたいけれども入れるとしたら公園とかの水道水を入れる事になるのかな・・・・

またポッド型のタイプはドンキホーテーでよく売られているのを見ます。確か2000円くらいで容器と浄水する為のカートリッジが2個くらい最初から付いていてお得感があったような気がします。

ブリタのカートリッジの寿命

ブリタの公式HPを確認すると今使われている主なカートリッジはMAXTRA+(マクストラプラス)というカートリッジのようです。

MAXTRA+の寿命

・最長8週間

・ろ過出来る容量は最大200Lまで

注意しなければならない点としましては、"生ものと同じように1日以内で飲まなければならない"という事。

恐らく塩素除去されてしまっている為、雑菌などが繁殖しやすいのでしょう。

冷蔵保存であれば1日以上OKですよという表記もなかったので、水道水をブリタで浄水させた場合は常温・冷蔵問保存問わず早めに飲まなければなりません。

ブリタには交換時期の液晶メモが付いている

ブリタのインジゲータ

上記の写真にあるように使用できる残量が表示されております。

黒い線が4本あるかと思いますが、全てなくなると交換時期になります。

交換時期をどうやって認識してるのだろうと思っていましたが、調べてみると4本ある線の1つは2週間のようで、これが全部なくなると合計8週間になり交換時期である事がわかるようです。

カートリッジを交換して新しくした場合は、写真にある" START"のボタンを長押しするとリセットされますので、リセットしてからまた2週間事に線が1本ずつ消えていきます。

まとめ

通常の2リットルのペットボトルを購入するよりも経済的・エコであり、水も美味しく飲めちゃうブリタ。

ろ過してから早めに飲まなければならないのは少しデメリットですがスーパー・コンビニで重い水を持ち運びしなくてよくなるのはかなり楽になるかと思います。

もし興味がある方は是非試してみてください。あ、あと衛生的に定期的に容器は洗った方が良いかもしれません〜。

それでは!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です