YOUTUBEを始める為に揃えた撮影機材を紹介【10万円以内】

こんにちは、AKIです。

今回は僕が10万円以内で揃えたYouTube用の撮影機材を紹介したいと思います。

10万円あれば毎年新しく発売されるiPhoneが購入できるかどうかというところ。

これからYouTubeを初めてみようかなと思ってる方に役だてば幸いです。

YOUTUBEを始めるのに揃えたもの撮影機材

最低限YouTubeを始めるには

・そこそこ良いカメラや高品質のスマホ(iPhoneとか)

・マイク

・スタンド

以上の3点さえあればYouTubeを始めるのに十分かと思いますし、10万円以下で揃える事が可能です。

実際僕は

カメラとレンズ:Panasonic GH3と付属のレンズ(4万円)

スタンド:SILKの三脚(3000円くらい)

外部マイク:Road Video Micro(7000円くらい)

上記の物を合計約5万円で揃えて現在もYOUTUBEを撮影しています。

最初はiPhone Xのカメラを使用していたので、カメラのスペックが良いスマホであれば得にカメラも必要ないかもしれません。

MEMO
なぜiPhone XのカメラではなくPanasonicのGH3を購入したかというと、トップYouTubeクリエイターが作る動画の品質に感化されたからです。iPhone Xでは撮影した動画がどうしてもひらべったくなり、個人的にいまいちでした。といっても型が古いのでカメラとレンズ込みで4万円ですしそこそこ綺麗な写真も撮れたりするので満足しています。

現在YouTubeの動画を作成するのに使用している撮影機材

Panasonic ミラーレス一眼レフ GH3

メインカメラはPanasonicのミラーレス一眼レフGH3。こちらのカメラは2012年頃に発売された物ですが、今であれば中古価格で3万円程で購入する事が出来ます。

本当であればGH4を購入したかったのですが、予算が合わずGH3に・・・・

ちなみに今であればGH4は7~8万円くらいで新品が購入出来、今度購入するカメラはこちらを購入する予定です。

使用しているレンズ

下記のレンズをメルカリなどで1万円程で購入しました。

最初はiPhone Xを使用していましたが撮影してもなんか平べったい感がありまして・・・・

結果的に4万円くらいでGH3とレンズを揃える事が出来、かなり昔の物といえどクオリティも満足しております(単焦点レンズは最近購入しました。)。

Road Video Micro

RoadのVideo MicroをGH3の外部マイクとして使用しております。

YouTubeで外部マイクの情報を検索してる時にたくさんの方々が動画を上げており、評価も高かったので購入しました。

音声のクオリティはとても良く、室内で撮るのであればこれで十分かと思います。

外での撮影時に風がある時は、風の音をもろ拾ってしまうのでノイズが結構入ります。が、外に出て撮影する時は大抵Go Proとかなのでそれほど困りません。

Go Pro Hero 7 Black

ロードバイクに乗るようになり、車載動画撮りたい欲求に駆られ購入に至りました。

ほぼロードバイクの動画撮影でしか使用しませんが、以前沖縄旅行に行った時には海中で大活躍しました。

恐らく今年の9月にGo Pro Hero 9が出るだろうから今購入考えている人は発売されるまで待った方が良さそう・・・・

Go Proのアクセサリ

Go Proのアクセサリは動画を作っているうちにかなり増え、別記事にした方が良いと思ったのでそのうち記事を作成してしてこちらにリンクを貼りたいと思います。

iPhone 11

普段使いしているので、ブログやYOUTUBE用に撮影したい時に映像・写真どちらもサッと撮れるのですごい便利。

ブログ用に写真を撮る時はズームレンズがあった方が便利かなと思うこの頃・・・・というのも近づきすぎるとiPhone 11の影も写ってしまいうんですよね(2倍のデジタルズームでも正直十分かと思いますが)。

三脚

SILKの三脚 GX6400

4000円以内で購入する事が出来、クオリティも十分です。

それほど下調べせずに購入しましたがとても使いやすく、クイックシューを取り付けたいカメラに常備つけていればサッと三脚に固定でき撮影を開始する事が出来ます。

DJI Osomo Mobile 3

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3 コンボ

【国内正規品】DJI Osmo Mobile 3 コンボ

14,500円(09/13 22:25時点)
Amazonの情報を掲載しています

スタビライザーというアイテム。スマホを固定してほぼ手ブレなしでヌルヌルな撮影ができます。

沖縄旅行に行く時に、GH3を持っていくよりもOsmo Mobile 3を購入してiPhone 11で撮影した方が何かと便利だし荷物も減るんじゃないかなと思い購入しました。

あまり使用する機会はありませんが、手振れはほぼなくなり本当に綺麗な映像が撮れます。

iPhoneだけで動画撮影をする予定で外での撮影でも使用する予定であれば、スタビライザーが小さな三脚がわりにもなりますし一つ持っていると良いかと思います。

YouTubeの動画編集時に使用している機材

動画編集も今であればスマホで出来てしまう時代。

僕はPCでタイピングして作業する方が好みなのでMacBook Proを使用しておりますが、iPadやタブレットなどでも動画編集を行えます。

iPad mini 5を持っていた時に、Luma Fusionという有名な動画編集アプリを使用して動画を作成していた事がありますが、作業中に動作が遅くなったりする事なく快適に作業が出来ました。

なので既にそこそこのスマホを持っているのであればそのスマホで編集したり、5~7万円くらいでそこそこのスペックのiPadを購入して編集するのもありかと思います。

MacBook Pro 13インチ 2019

2019年の下位モデルMacBook Pro 13インチにSSDを512GB、メモリを16GBにカスタマイズしました。

これだけのスペックがあれば動画編集やその他色々と使用する事が出来るだろうと思い購入したのですが、ほぼ家でしか使用していない為、であれば16インチのMacBook Proを購入するべきだったかなと思います。 スペックがそっちの方が高く、値段は同じくらい。

iPad Pro 10,5インチ 2017年モデル

たまにiPad Proのアプリ・Luma Fusionを使って動画編集する事もあります。

2017年に発売したiPad Pro 10,5インチモデルなので少し古い型ですが、普通にサクサク動きます。

下手したらMac Bookと同じくらいかもしれません・・・・なので動画編集を安い費用でされたいのであれば現行のiPad Airとかでも十分出来るかと思います。

以前にiPad min 5を持っていた事もありますが、普通に動画編集アプリのLuma Fusion、フリーズする事なく動いてたしな・・・・

MEMO
iPadを中古で購入しようと検討しているのであればゲオモバイルが個人的におすすめです。中にはApple Careがまだ残っている製品もあったり(ただ途中で切れてしまう可能性はありますが)比較的美品な製品が多いです。メルカリやラクマなどは皆さん案外強気な値段設定をしているので、どちらかというと中古品を専門店で購入した方が良さげです。 

最近YouTube撮影用の照明機材を購入した

今まで動画を作ってきて全く照明については知りませんでした。

YouTube動画作成のノウハウを教えてくださるクリエイターの動画を見て、改めて撮影時の照明の大事さが分かり、一つライトを購入する事に。

購入したのはこちらのNeewerのライトとライトを取り付けるスタンド

まだこちらを使用して一度も動画撮影しておりませんが、そのうちレビューしたいと思います。

安いライトだと三脚付きで5000円程で購入出来る製品もあるので、特にiPhoneなどのスマホで撮影する時は光量があった方が綺麗な動画が撮れるので最初から持っておく事をお勧めします。

まとめ

上記の製品は一度に揃える必要はなく、撮影していくうちに必要であれば揃えるのが良いかと思います。

ただ定期的に動画を撮影してYOUTUBEに投稿する予定であれば最低限の物は揃えていた方が何かと便利かと思います。

僕のYOUTUBEチャンネルはこちら!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です