sirocaのノンフライオーブンで揚げないサーターアンダギーを作ってみた

スポンサーリンク

沖縄大好きな僕がsirocaのノンフライオーブン を使い、サーターアンダギーを作ってみました。

結果はなんか硬いスコーンみたいな味・・・・・

ともあれそれっぽい物が出来ましたので良しとします。

サーターアンダギー

siroca ノンフライオーブン SCO-213

コンベクション(熱風対流)機能でオーブン内の熱を対流させ、油を使わないのに揚げ物ができるというこちらのオーブン。

実際に僕が住んでいるシェアハウスのシェアメイトも天ぷらをこちらのオーブンで作っていました。

今回は以前買った黒糖が余っていたので、サーターアンダギーを作る事にしました。

作ったサーターアンダギーのレシピ

サーターアンダギーのレシピ

・小麦粉400g

・黒糖100g

・卵4個

・ベーキングパウダー12g

・油(オリーブオイル)大さじ1

以上が僕が今回サーターアンダギーを作ったレシピです。

これらをいい感じになるまで混ぜ、丸めてあとはオーブンで焼くだけです。ただ黒糖を入れなさすぎたので150~200gくらいにした方がサーターアンダギーっぽくなるかと思います。

出来立ては美味しかったが時間が経つと硬くなる

今回はオーブンの温度を180~200度くらいにして焼いてしまいました。

ちょっと高温度で焼きすぎたと思います。

作ったサーターアンダギー、時間が経つと食べる時の食感が硬くなりすぎだったので次回作る時は160度くらいで焼いてみたいと思います。

あと黒糖ももっと入れようっと・・・

ノンフライオーブンは油不要

今回サーターアンダギーを作って実感したのが油不要である事はかなり楽な事

普通であれば油で揚げるアンダギーもノンフライオーブンを使えば必要ありません(味はともかく)。

天ぷらとか揚げる油ってそんなに毎回作るわけではないから仮に使った油を入れておく容器に入れて保管しておいても、時間がかなり経過してしまいだいぶ酸化してしまうんですよね。

また油を購入する必要もありませんし、経済的。なおかつ油を捨てる作業も省けますし。

sirocaのノンフライオーブンならピザも美味しく焼けます。

通常のオーブンと同じように使えるのでピザも焼けますし、グラタンなどももちろん作れます。

僕の住んでいるところはシェアハウスで電子レンジしかなかったので、個人的にこちらのオーブンを購入しました。

シェアメイトも使っているようなので良かったかな。

あ、あと魚も焼けます!!!

まとめ

最近欧米諸国のシェアメイトが多いのでスーパーでさんまとか買ってきて焼いて一緒に食べようかな。きっと喜ぶでしょう!!

それではまた。

▼僕のYOUTUBEチャンネル

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です