TRIFOX X16TH 目指せ6,8kg!シリーズ④【サドル・STIレバー交換編】

TRIFOX X16TH軽量化シリーズ第4弾ということで今回はサドルとSTIレバーを交換しました。

サドル ➡︎ 200gくらいのサドルから100gのカーボンサドルへ

STIレバー ➡︎ 105(ST-7020・300gくらい)からGRXのBL-RX600(230gくらい)へ

前回はホイールをPrimeのAttaquer Discに交換して7,4kgになったのですが、今回は上記のサドルとSTIレバー交換をして200gの軽量化、重量は7,2kgになりました。

目標の6,8kgまであと400g!!!

サドル交換

購入したのはTRIFOXから販売されているカーボン剥き出しのカーボンサドル。

重量は97gでこちらのサドルはTRIFOX X16THに最初ついていた真円レールの櫓にも使用可能とのことで購入しました。

なので通常の真円レールにも使えるかもしれません。

▼クッション性は皆無です

▼櫓の重量も計測して53gでした

今まで使用していたサドル

こちらは今まで使っていたショーノーズのサドル。安価で約200gと軽量ですが今回は軽量化のために変更。

こちらのサドルは安価でそこそこ軽量であり、乗り心地も良かったので完成車についている300gからの変更におすすめです。

・・・特にサドルのこだわりが無い人にはですが笑。

購入したTRIFOXのサドルレールのサイズ

TRIFOXの公式HPにはサドルレールのサイズが“7x7mm”との記載がありました。

このサイズは真円レールのサイズだから恐らく表記ミスだろうな・・・と思ってたのですが実際に届いて確認してみると表記ミスではない事がわかりました。

▼届いたサドルのレール

▼家にあったカーボンサドルのレール

▼レールの大きさが明らかに違いますね

というわけで今回購入したカーボンサドルのレール形状は楕円だけれども通常の楕円のサドルレールよりも小さい形状になっているようです。

MEMO
真円のサドルレールのサイズは7×7mmでカーボンサドルのレールは大抵楕円形で7×9mmのようです。なので櫓によって楕円の7×9mmのレールが装着不可のものがあります

ちなみにレールのサイズを家にあったデジタルノギスで計測してみると・・・

▼こっちが6,8mm

▼こちらが6.4mmくらい

TRIFOX X16TH用の櫓には真円用の櫓と7×9mmの楕円形用の櫓があるのですが、TRIFOXの方曰く、今回購入したサドルはどちらの櫓にも装着可能な作りになっているとの事でした。

というわけで自分が購入したX16THに付属してきた真円サドル用の櫓でも今回購入したカーボンサドルの取り付け可能でした。

乗り心地

サドルは見た目通り硬いですが自分は硬くてもパッド付きインナーパンツを履いてれば全く問題ないタイプです。

ただ長時間乗っているとサドルによって股擦れ・・・・特にデリケートゾーンの周辺の擦れが頻繁に発生します。

で今回のサドルはどうかというとその症状がまだ発生していません。

似たような下のカーボンサドルではデリケートゾーンの擦れが度々発生したのですが・・・・なんでだろ?

 

STI:GRX BL-RX600

STIレバー は105・ST-7020からGRXのBL-RX600へ変更。

重量は223gでした。

こちらのレバーはフロントシングル用のレバーでして変速性能がありません。

▼取り外した105・ST-7020のSTI

105の油圧レバーは重量が約300g。なので約70gの軽量化になりました。

STI交換時の油圧ホース&キャリパーブレーキトラブル

STI交換時は油圧ホースを取り外す必要があります。

油圧ホースを再度指す時、オリーブ・インサートは基本使い回しは出来ないとの事ですが今回は普通に抜きさしでSTI側は成功しました。

がしかし、ブレーキキャリパー側のオイルを出し入れする箇所のボルトを舐めさせてしまい、キャリパーブレーキを交換するハメに。

▼赤い箇所のボルトを強く締め付けすぎてしまった

幸いもう一つ105・BR-7070のキャリパーブレーキを持っていたのでそれを交換するだけで済んだのですがここでもう一つトラブルが。

STI交換時はホースを抜いて再度刺して取り付けるだけで良かったのですが、ブレーキ交換時はそれがうまくいかずにコネクティングボルトからうっすらとオイル漏れが発生しました。

基本的にキャリパー&STIへブレーキホースを取り付けるために必要なオリーブ&インサートの使い回しはできないようなのですが今まではそれが上手くいっていて、今回初めて取り付け後にオイル漏れが発生しました。

コネクティングボルトとオリーブにグリスを塗る必要があるのですが今回はグリスが手元になくそれを無視してしまったからかな・・・・

まとめ

目標の6,8kgまで残り400gになりました。一応今後考えているのは

スプロケットを105・11-28Tからアルテグラ・11-25Tへ変更

チューブをVittoriaから発売予定のUltra Light Speed(重量約30gらしい)

タイヤをハイエンドの軽いものに変更(パナレーサーのアジリストとか)

あたりなのですが、もうあまり軽量化する箇所がなくなってきたような気がします。

あと105の右STIをアルテグラにしたら50gの軽量化になりそうなのですが価格が高くて手が出せないんですよね・・・・

それでは今回はこのへんで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です