GIANT ESCAPE RX2(2018年モデル) 購入レビュー

GIANTのクロスバイク、ESCAPE RX2(2018年モデル)を購入しました。

こちらのクロスバイクは・・・・

・クロスバイクとロードバイクどちらを購入するか迷っている

・ロードバイクは何となく操作が難しそうだし体勢がキツそう

・スピードが通常のクロスバイクよりも出るバイクが欲しい

上記のような方にオススメです。

クロスバイク GIANT ESCAPE RX2(2018年モデル)

ほぼクロスバイク初心者の僕がGIANT ESCAPE RX2(2018)を購入してみてこのクロスバイクはどうだったかまず感想を述べたいと思います。

乗り心地

シートポストにカーボンを使っており、サドルもGIANT CONTACT COMFORT NEUTRALというGIANTの入門用のロードバイクに付属しているものがESCAPE RX2にも使われているので乗り心地はとても良いです。

ただ最初はお尻が痛くなるかと思いますが、こちらはサドルの適性位置などを測ったり、サイクリングパンツを履くなどするようになってからは皆無になりました。

スピードについて

これに関してはもっとスピードが出るのかと思いますが、僕の力不足なのか思ったより出なくがっかり・・・というのも乗ってから色々と調べたりして分かったのですが、やはりクロバイクの性能も大事だけれども肝心なのは本人のスペックやペダリングのうまさが必要のようでした。

ただ乗り出してからタイヤとホイールを交換してみるととガラッと違う乗り物に変わりました。

重量

重さは10,4kgくらいです。中級・上級グレードのロードバイクであれば重量が8~9kg台である為、少し重く感じるかと思います。

ただ、ESCAPE RX2を初めてのスポーツバイクとして購入される人であればかなり軽く感じるかと思います。

GIANT ESCAPE RXシリーズとESCAPE R3の違いについて

おそらくESCAPE RXシリーズを購入しようと思ってるけれども、”ESCAPE R3でも良いんじゃね?何が違うの?”と思われている方もいらっしゃるかと思いますのでざっくりと僕が思う違いを書きたいと思います。

フレームについて

GIANTのアルミフレームには 3段階のレベルがあり、

・ALUXX-Grade Aluminum

 

6061というアルミを使用、一般的なアルミフレームに使われている。

 

・ALUXX SL-Grade Aluminum

 

主に6011アルミ合金を使っており、6061のアルミよりも良い。

 

・ALUXX SLR-Grade Aluminum

 

とりあえずGIANTの中で一番良いアルミ。とても軽いけどこれクラスの買うと値段もそこそこ。

という事でESCAPE RXには真ん中のALUXX SL-Grade Aluminum、中級グレードのアルミフレームが使われております。

MEMO
ESCAPE RX2を購入して3ヶ月くらい経った後、同じアルミフレームのロードバイク・GIANT CONTEND SL2(2017年モデル)を購入しましたが、とても乗りやすいです。こうして考えるとRXシリーズは良いクロスバイクだなぁと改めて思いました。

フロントフォークについて

ESCASPE R3のフォークはアルミですが2018年の RX2とRX1はアルミではなくてカーボン仕様となっておりまして、RX3はR3と同じアルミです。

アルミのフロントフォークの自転車を乗車した事がない為感想は言えませんが、フォークがカーボンの方が乗車時の振動が抑えられハンドルに添えている手の疲労軽減にもなるかと思います。

実家にR3あるのでちょっと乗ってどれだけ違うか試し乗りしたいな・・・

2020年モデルのESCAPE RXシリーズについて

2020年のESCAPE RXシリーズは2020年以前のモデルより個人的にはかなりアップデートされているかと思います。具体的には、

・フロントギアが3段から2段へ

(RX2乗ってたらフロントギアがありすぎていらないと思っていたのでこれは嬉しい変化かと思います)

・フロントフォークの性能がアップ

2018年のRX3はフロントフォークがアルミだったのに対して2020年モデルはカーボンフォーク、RX2に関してはカーボンフォークだけどコラムという部分がアルミだったのに対してフルカーボンフォークに変更

ESCAPE RXシリーズ(2018年)はどれを選べば良いか

とある雑誌にESCAPE RX2の事について書かれており、値段からしても性能的にオススメであるように書かれてた為ある程度リサーチをして、良いなと思ったので最終的に購入する事にしました。

RX3はフォークとシートポストがアルミになる為、乗り心地はRX2より悪くなります。

RX1に関してはコンポがロードバイクのTiagraを使っているが、こちらを購入するのであればどうしてもクロスバイクでRX1を購入したいという人以外は普通にロードバイクを購入した方が良いかと思います。

そう考えると性能バランスが良いESCAPE RX2を選択した事は正解だったかなと思います。

2018年 ESCAPE RXシリーズの簡単な比較

GIANT RX1 10,0000円(税抜) ロードバイクのコンポ・Tiagraを使い、カーボン製のフロントフォーク・シートピラー
GIANT RX2 76,000円(税抜) コンポはマウンテンバイクのコンポ。カーボン製のフロントフォーク・シートピラー
GIANT RX3 65,000円(税抜) コンポはマウンテンバイクのコンポで、フロントフォーク・シートピラーはアルミ

 

GIANT ESCAPE RX2 購入後のカスタマイズ

ESCAPE RX2はリアエンド幅がロードバイク規格なので、ロードバイク専用のホイールをそのまま使えたりします。なので、乗っていてもっと軽いホイールに変えたいと思った時はカスタマイズ出来るのも魅力の一つかと思います。

購入後に行ったカスタマイズ

・タイヤ交換

・ホイール交換

・ハンドルカット+グリップ交換

です。

特に、タイヤを25Cの良いものに交換する事が費用も安いですし(ホイール交換と比べると)費用対効果はかなり高いかと思います。

Continental GRAND PRIX 4000 S IIの25Cのタイヤに交換した

最初からついているGIANT純正のタイヤからの交換になります。

タイヤ交換は初めてでしたがネット社会の今、YOUTUBEや他の皆様のブログなどを見て簡単に行えました。

タイヤ交換はクロス・ロードバイク乗りであれば必ず通る道かと思いますので、早めに行って慣れておくのが良いかと思います。

▼購入したタイヤの新しいモデル。高いけどかなり良いです。

タイヤ交換後のインプレ

交換後の感想ですが、かなり乗りやすくなりました。スピードは何キロかアップしましたし勝手に25km以上出すと勝手に転がってくれる感じがしますし、そのスピードを維持するのは平坦な道であれば楽になりました。

ただ、今回購入したタイヤ、Continental GRAND PRIX 4000 S IIがそこそこグレードの高いタイヤという事もあるのですが・・・。

デメリットとしては、安定感が28のタイヤCよりも劣る事や路面の突起物などより注意しなければならない事ですかね。

ですが、25Cのタイヤに変えるだけで十分速度の変化など体感出来ますのでまだ試された事がない方におすすめします。

ハンドルカット

僕が購入したRX2のサイズはMサイズでして、このサイズの適正身長は170~185cmです。

僕は175cmあるのですが、185cmまでの人が乗れてしまう事もあってハンドルが少し大きい(長い?)気がしました。

自宅付近のホームセンターでパイプカッターを購入して、左右2,5cmずつ、合計5cm長さを短くしました。

感想としてはスピードの違いは感じませんが、ハンドルが短くなって楽になりました。

グリップを交換

100km近くロンドライドを何度かしましたが手がかなり痛くなります。しかも回復に2日くらいかかってしまいますし・・・。

そこで定番のエルゴンングリップに変更したら手の痛みが減少しました。

2015年モデル ERGON【エルゴン】 GP2 グリップ ロング/ロング (L)

2015年モデル ERGON【エルゴン】 GP2 グリップ ロング/ロング (L)

4,224円(09/13 00:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

エルゴングリップへ交換した記事はこちらをどうぞ。

ホイールをZONDAに交換!!

しばらく乗ってからもっと速くスピードを楽に出せるようになりたいという欲が出てきました。

調べてみると、最初から付いているホイール(俗称:鉄下駄)を、中級グレードのホイールに変更すると速くなる事が分かり、費用対効果が高い鉄下駄脱却ホイールの定番ZONDAを買いました。

RX2を購入後3ヶ月くらい経ってから海外通販サイトWiggleで買いました。

・・・・高かったのですがどれほど変わるものか試してみたくてポチりました。感想としては購入してかなり乗りやすくなった為大正解でした。

MEMO
ZONDAを買うのであればWiggleなどの海外通販を使えば安く購入できるのでそちらをお勧めいたします。日本で購入すると5万円以上しますが、wiggleとかだと4万円で購入できちゃいます。

ZONDAへ交換した記事はこちらから。

ZONDA C17
シマノ WH-RS100 クリンチャー シマノ/スラム用 前後セット

シマノ WH-RS100 クリンチャー シマノ/スラム用 前後セット

11,599円(09/13 00:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

最近シマノのホイール:RS500を購入した

2020年7月時点でロードバイクに使用しているこちらのホイール。

AMAZONで約4万円で購入でき(値段は結構変動しますが)、配送も海外通販と比べて速いのが良いですね。

重量が1650なのでZONDAより100gくらい重くなりますが、そこは安心のシマノ。

ZONDAの方が乗っていて軽い!と思いますが、こちらもなかなか良いです。

GIANT ESCAPE RX2を購入してから購入したものなど

クロスバイクを購入してからもっと色んな物が欲しくなりました。何この泥沼・・・・

ここで購入した記事について書かれている記事をまとめておきます。

まとめ

GIANT ESCAPE RXシリーズの良いところは性能も良いのもそうですが、カスタマイズしてより速くする事を楽しむ事が出来る事です(その分出費が重なりますが・・・)。

バイク本来の乗り心地としては、中級グレードのアルミなのでかなり乗りやすいですし初めてクロスバイクを購入される方にはぴったりかと思います。

GIANT ESCAPE R3であれば、よく自転車屋さんで割引されている為50,000円以下で購入出来るケースが多々あると思いますが、もう3万円くらいプラスすればまた違った乗り心地を体感する事が出来るかと思います。

何よりより楽に速く乗る事が出来れば乗っていて楽しいですし、少しの距離ならさーっと漕いで到着する事も出来ますしね!!

それでは最後までブログを見て頂きどうもありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です