Ticwatch E 購入して使用してみた感想。

“Ticwatch E”を購入してから約1ヶ月経ちましたので気づいたところを書きたいと思います。購入検討されている方の参考になればと思います。

ウォッチフェイス(時計の表示)を変更できるが、常時心拍数を測る機能のウォッチフェイスがない。

僕の探した限りでは、ticwatchで常に心拍数を測ってくれるウォッチフェイス(時計の表示。色々な種類があり、その中から選ぶ事が出来る。また有料のウォッチフェイスもある。)は見当たりませんでした。ただ、常時ではありませんが、心拍数を計測する事ができるウォッチフェイスはありました。(下記の写真)エクササイズのアプリに関してはもちろんリアルタイムで心拍数が表示されますが、安静時の場合は最初からTicwatchに入っている”心拍数“というアプリから計測する事が出来ます。

▼心拍数を測る事が出来るウォッチフェイス。ハートの所を押すと心拍数が計測されるが、常時表示ではない。

GPSに関して

Ticwatchを購入した最初の頃は、最初から入っているアプリの”フィットネス”からランニングやサイクリングをしようとするとGPSの取得にかなり時間がかかりました。理由は分かりませんが今だとストレスがないくらいの秒数でエクササイズを開始する事が出来るようになりました。・・・なぜだろう?

“フィットネス”のアプリからエクササイズを開始しようとするとこの画面になる。使い始めた頃は1分以上待たなければ運動を始める事が出来なかった。

▼画面が切り替わり、運動を開始する事が出来る状態。

心拍数を計測する精度は良いと思う。

僕の持っている”Bryton Rider 310″という自転車のサイクルコンピューターで、心拍数を測るハートレートセンサーを胸に付けて計測してみましたが、ほぼ心拍数は一致していました。2〜3bpmの違いはありましたがまあ許容範囲内かと思います。

 

安静時の心拍数

運動時の心拍数。

こちらは名前がなぜか”common”というstrava(エクササイズ系)のアプリ。

思った事。

購入して使用した感想としては、運動時に心拍数を計測したり、GPSで走行距離の記録をする場合に利用するには良い時計だと思います。ですが、機能面から考えると頑張って倍の金額を払って”Apple Watch”を購入した方がいいんじゃないかな〜?というのが僕の感想です。

Apple Watchは使用した事はありませんが、恐らくアプリの数も比較にならないくらいあると思いますしね。

ただ、値段で考えると作りもしっかりしているしある程度使えるので購入してもありかとは思いますが・・・・ただ、僕はTicwathを購入してなおさらApple Watchが欲しくなってしまいました(苦笑)。

以上簡単ですが、使用してみた感想でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です