デカトロンのスマホ防水ケースがとても良い件【自転車用防水スマートフォンホルダー 900 L】

デカトロンで購入した自転車用防水スマホホルダー 900Lがとても良かったので紹介したいと思います。

スマホをケースに入れた時の画面のタッチ反応 ➡︎ 良好

ハンドルバーに取り杖けたマウントとの脱着方法 ➡︎ 使いやすい

以下の点がとても安く価格が3,290円とお手頃な価格。欠点としてはスマホを中に入れてしまったら充電が出来なくなる事くらいかな。

自転車用防水スマートフォンホルダー 900 L

製品はこんな感じ。スマホケースとハンドルバーにつけるマウント部分です。マウントは工具なしで固定可能です。

▼防水スマホケース

▼裏にマウントを固定する箇所があります

▼マウントの四角い箇所に固定部分を差し込んで固定する

▼完全に固定された状態

自転車用防水スマートフォンホルダー 900 L【防水性能】

水に5分くらい付けて浸水テストしましたが水は中に入ってきていませんでした。

▼水の中に入れて5分後にケースから取り出したiPhone11

▼スマホの入れ方

 

適合するスマートフォンの最大サイズが15.5×8×0.8cmとの事なので高さが16cm以上あるiPhone 12Pro Maxなんかは入らないのではないかと思います。

タッチ性能

水がケースにかかってもある程度拭けばちゃんと反応してくれます。ちなみに通常時のタッチ性能もストレスなく快適に使用できるレベルです。

▼こちらが通常時のタッチ反応

ちなみに上のビデオはiPhone12で試したのですが

iPhone12にQuad Lockというケースを付けないでタッチ反応テスト

➡︎ 防水ケースとiPhoneに隙間ができてタッチ反応悪い

iPhone12にQuad Lockを付けたまま防水ケースに入れてタッチ反応テスト

➡︎ タッチ反応良好

上記の様になりました。

iPhone 11だと厚みがあって裸の状態で使用しても自転車用防水スマホホルダー 900Lを使った時のタッチ反応は快適ですが、iPhone12だとある程度厚みがあるケースと一緒に入れなければ防水ケースとiPhoneの液晶画面がピタッとくっつかないのでタッチ反応が悪くなる事が分かりました。

このケースのサイズのLよりも小さめのサイズがあるとの事ですが、デカトロンの公式HP上で見つける事が出来ませんでした。

自転車用防水スマートフォンホルダー 900 L【取り付け】

固定マウントは上の写真のようになっており、右の部品を回してマウントを固定します。

▲ハンドルにマウントを付けて▲ネジを?回して固定します

▲取り付け完了です。

▼ケースの取り付け・取り外し

ケースの取り外しは後ろの”▲”部分を押しながら引っ張ると簡単に外れます。

他のおすすめの防水ケース

下記のアイテムは僕が持っているもう一つの防水ケースと固定マウント。

防水スマホケースと固定マウントを使用すると下の写真の様な感じになります。ある程度強めに固定すれば走行中でも落ちませんし、防水ケース側にストラップがあるのでそれを安全紐としてそこかに括り付けておけば仮にスマホが外れても地面に落ちることはないです。

実際に使用していた事もありますが快適に使用することができ、こちらの防水ケースのタッチ反応はほぼ普段の時のタッチ性能と変わらない点が良いです。

ただある程度力を加えて固定するので何回も使用しているとiPhoneと防水ケースのはまりがやや弱くなります。

まとめ

雨天時はそれほどライドする事はないと思いますが、仮にツーリングや長旅などをしている時に雨が降ったらマップとしての機能もあるスマホが使いづらくなってしまいます。

一つこのようなアイテムを持っていると安心かと思うのでこの記事が皆さんの参考になれば幸いです。

それでは!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です